音楽監督

 

 

 

 

 

坂本 文郎(さかもと あやお)      

 

 

 1957年3月31日長崎市に生まれる。フルートを山口平八郎・峯岸壮一両氏に師事。洗足学園大学フルート科で学び、1980年同大学を卒業。
 その後4年間、兵庫県・千葉両県で教職員生活をし、1984年に渡欧。ウィーン国立音楽大学指揮科にてカール・エステライヒャー教授に、指揮法・楽曲分析を学ぶ。
 1988年帰国後、大分に居住。観客に密着した新しい形の演奏会の必要性を提唱し、各地で企画演奏会に力を入れている。
 企画演奏会の都合上、新作品を演奏することも多く、近年では田村徹氏の「やまあいの蒸気機関車」、音楽物語「ごんぎつね」等の初演がある。
 関東・九州では、アマチュア楽団の指揮にも携わり、指揮法指導・合唱指揮の他、楽曲分析を重視した数々の古典の編曲でも実績をあげている。